【出産レポ】二人目は超スピード出産!産院に着いて25分!?

妊娠・出産・育児

次女は2017年9月❤18時38分に誕生しました(^^)

ちょうど38週目。

体重:2750g

身長:49㎝

かなりのスピード出産で、安産だったので、お産が楽に出来たポイントを最後にまとめてみようと思います😊

次女は、里帰り出産でした。

出産当日朝6時頃・・・

軽い生理痛のような痛みで、目覚めました。

治まったり、痛みが出たり・・・でもそんなに痛くない。前駆陣痛かぁと思って普段通り生活しました。

朝ごはんを食べて、まだ軽い生理痛の痛みが続いていたので、腰部にカイロを貼って、実家のマッサージ器にかかって、ダラダラ過ごしました。

時々、スクワットをしたり、、。

このまま産まれてくれてもいいなーと思い、陣痛を促進してくれたり、痛みを和らげてくれるツボである三陰交(さんいんこう)を押してみたり、、。

三陰交・・足の内くるぶしから指4本分上の位置で、すねの骨の少し内側にあるツボです

お昼ごはん時・・・

まだ、軽い生理痛のような痛みが続いていて、ひょっとして陣痛に繋がるのかなー?でも、長女の時は、相当な痛みだったから、これは陣痛ではないよな?

と、色々考えて

とりあえず、陣痛アプリで時間を計ってみることにしました。

すると、10分おきに規則正しく来ていました。

えー!この痛みが陣痛かい?

取りあえず、病院に聞いてみようと思い、電話をしました。

「一応、入院の準備をしてきてくださいね」と言われて、父が運転する車に乗って、出発しました。

NSTをしてもらって、先生が内診をして子宮口を確認して、まだ産まれなさそうだから一旦かえりますか?と言われて3時過ぎに家へ帰りました。

父は今日は産まれんのかとホッと一安心したのか、お酒を飲んでしまいました。

16時頃・・・

内診で子宮口を確認してもらったあたりから、なんだかお腹の痛みが増してきたような気がしていましたが、先生がまだ産まれないって言ってたしなーと思って、父が風呂を沸かしてくれてので、ゆっくり湯舟に浸かって心を落ち着かせました。

私が出た後、父も風呂に入ると言って、風呂に入りに行ったのですが、

その直後にズンズンズンズンズンズン!!痛みが増してきました。

時間は、17時40分!間隔は5分を切りそう。。

あッ!!!これは本陣痛だ!と感じました。

病院へ電話をして、直ぐに来るように言われ、、

お風呂へ入っている父を、呼び!父が急いでタクシーを手配し(飲酒したので)10分後タクシーに乗って、産院へ向かいました。

病院到着!18時15分

痛みは強いけど、まだしゃべれるし、歩ける感じでした。

直ぐに分娩室へとおされ、ペラペラの服に着替えをして分娩台に上がり、先生が子宮口を確認しに来ました。

「んー、5センチだね!あと少しだ!頑張ってね!!」と言いて先生が行ってしまいました。

えーまだ5センチ??まだかかるのか~!痛み逃し頑張らなきゃ!!と思った矢先!

グー!!

と、もの凄い痛みが襲ってきて、

一瞬にして、汗が噴きでて、もう産まれるという感じ!!

「もう、産まれると思います!!!」

と、叫び、汗びっちょりになった私をみた助産師さんたちが慌てだし、

「子宮口全開!先生呼んで!!」

と、助産師さんが叫び、すぐさま慌てて先生がきて、

「あらあら、早かったね、頑張りましょう」と、

まだいきんだらダメよ~なんて言われて、

点滴ルート確保やら、分娩台の準備やらでバタバタとしているのを感じながら、

陣痛ってこんなに痛かった!そうそう!!と思い出し、、

もう、赤ちゃんに会えるのかという喜びと、痛みの間に、色々な思いが駆け巡り、2いきみくらいで、元気に次女が産まれてくれました。

産院に到着して25分でした。

あっという間の出産で、長女の時と比べると痛みを感じた時間がとても短かったです。

夫は、父から連絡はいっていましたが、長丁場になると考えたようで、のんきに晩御飯を食べてから来たので、産院に来た時には、赤ちゃんはガラスの向こう側でした。

次女の出産で良かったのは、、

1番はお風呂をゆっくり入った事じゃないのかなと思います😊

ゆっくりお風呂に入ったことで、血行が良くなって、リラックスも出来て、お産を早める事が出来たのかなと思います。

その他には・・・

あとは、腰部に当てたカイロ!

マッサージ器による背部~腰部に掛けてのマッサージ!

ちょいちょいしたスクワット!

三陰交のツボ!

ぜひ、お試しください。

お産の進みは人それぞれですが、赤ちゃんとママにとって、安全で安心なお産になるように、自分の体の観察と、病院受診のタイミングは、とても大切ですね。