【ハムスターの飼い方】トイレ編:ハムスターにトイレを教えてあげる方法。

ハムスターとの暮らし

我が家には、産まれてからもうすぐ1年になるゴールデンハムスターがいます。

ハムスターは、愛らしくて、価格も安くて、比較的飼育しやすいので、ペットとして大人気ですよね♪

鳴き声も、小さくて近所迷惑にはならないし、においもトイレのお掃除をちゃんとしてあげていれば、ほとんど臭いません。

ハムスターはとっても賢くて、トイレの場所をすぐに覚えてくれるので、毎日のお掃除も簡単です。

※ただ、ウンチは色んな所でしてしまいます。(ウンチはほとんど無臭ですよ)

実は、ハムスターは、とっても綺麗好きなんですよ!

元々、決まった場所でおしっこをする動物なんです。

その理由は、ハムスターは、自分の体を天敵から身を守る為に、ニオイをあちらこちらにまき散らさないように、自分の巣のトイレと決めた場所以外ではおしっこをしないのです。

身体を綺麗にするための毛繕いや、砂浴びもよくやっています(^^)

我が家のハムちゃんの毛繕いの様子

では、初めてハムスターを迎え入れた時は、どのようにトイレを教えてあげるとよいのでしょうか?

ハムスターは、隅っこの方でおしっこをする習性があるので、ゲージの角にコーナートイレを設置して、まず様子を見てみるのが1番です!

最初にトイレでしてくれたら、もう大丈夫なのですが、

我が家のハムちゃんは、最初はトイレとは別の場所でおしっこをしてしまったので、おしっこで濡れた床材を、トイレに入れて、ニオイをつけ、おしっこで汚れた別の場所は、ニオイを綺麗に拭き取っておくという対応をしました。

そうすると、次からはトイレでおしっこをしてくれるようになりました。

一度で覚えない場合は、繰り返し行います。何回かするうちに、おしっこのニオイのついた、トイレでしてくれるようになります。

このように、あまり大変ではありません。

ですが、注意点があります。

飼い始めは、ハムスターは警戒して神経質になっているので、2~3日は大掃除をするのは止めて、トイレの位置は動かさないようにする事が大切です。

そして、1週間程度はお世話は最小限(餌やり、ちょっとした掃除)にして、お部屋の環境に慣れさせてあげてください(^^)

トイレの場所を覚える段階では、ある程度おしっこのにおいを残すようにしておく事が大切ですが、覚えてしまったら、ハムスターは綺麗好きなので、トイレ砂は、こまめにかえてあげましょう🐹

綺麗好きなハムちゃんは、自分の体にニオイが付くのを嫌うので、くさいトイレだと、トイレでおしっこをしなくなってしまう事があるようです!

我が家の、ハムちゃんのトイレはこうなっています(^^)

トイレとは別に砂遊びコーナーを設けてあげると、トイレで砂遊びをしないので、より清潔な環境で育ててあげることが出来ますよ♪

うちは、100均のタッパーに砂を入れて砂遊び場にしています!

トイレの中でも、決まった場所でおしっこをするようになるので、おしっこで固まっている砂がある事に気が付いた時に、プラスチックのアイスのスプーンなどを利用して、その部分だけ取り除いて、砂を補充してあげると、ハムちゃんも嬉しいと思います。

おしっこはやっぱり臭いですからね💦

コーナートイレのおすすめは、ホームセンターやペットショップでもよく見かける、コレがおすすめです。

ハムスターがおしっこをする場所で、好むコーナー部分に綺麗に納まる事、カバーが付いているので、砂が飛び散りにくく、適度に広さがあるので、大きいゴールデンハムスターも十分に入れます。

とっても可愛いハムスター(^^)大切に育ててあげたいですね❤