【妊娠中期】マイナートラブルの便秘!担当の先生によって便秘薬が違う件。

妊娠レポ

妊娠26週になりました👶検診であかちゃんは約900g程度の大きさになっていました(^^)

どんどんお腹が大きくなって、妊婦さんらしい体系になってきました。

知り合いに会うと、「お腹大きくなったねー」と驚かれます。

妊娠中は、便秘になりやすいといいますが、まさにその通り!

一人目の時も、二人目の時も便秘はつきものでした。

今回の妊娠も、ほとんど便秘状態で、自力ではすっきりとでてくれません。

妊娠前は、割と快便の方で、形のある便がほぼ毎日すっきりとでていたのですが。

食物繊維を意識したり、水分を取ったり、適度な運動もまずまずは心掛けているつもりなんだけどなぁ⤵😢

ホルモンバランスの関係でやっぱり便秘になるのは仕方がないようです。

出ないモノは出ない!そんな時はお薬に頼るしかありません。

妊娠中に安全に飲める便秘薬はいくつかあります♪

先生に相談するのが一番です!

私は妊婦検診2回目の時に、先生に便秘の相談をすると、ラキソベロンという水薬を10滴程度、寝る前に飲むように指示がありました。便の出方で1滴づつ増やしたり、減らしたりして下さいと言われました。

ラキソベロンは、刺激性の下剤で、腸の蠕動運動を更新させてお通じを導いてくれる薬です。

割と効果が強めのお薬ですが、先生がOKと判断した場合、妊娠中にも使用できるようです。

私はラキソベロンを10滴寝る前に内服すると、朝に1回でて、その後もお腹がシクシクして、2,3回柔らかい便がダラダラ続くことがあったので、9滴にしたり、8滴にしたり量を微調整しながら、効き過ぎないように、気を付けました。

ラキソベロンを飲めば翌日出るので、3日経っても自然に出ない場合に、内服するようにしました。

それから、2か月後、妊娠26週目に受けた4回目の妊婦検診で、もう下剤が無くなってしまったので、処方をお願いしようと思っていました。

私が、通っている産院は、先生が3人いて、日によって担当の先生が変わる事があります。

今回は、前回、下剤を出してくれた先生とは違う、先生が診察してくれました。

お通じはどうですか~?

と聞かれたので、

「3日間くらいいつも出なくて、処方してもらったお薬を飲むとでます。」

と伝えると、

「前回の刺激をして出す薬ではなくて、毎食後飲んで、便を柔らかくして出しやすくする薬をだしますよ~」

と言って、酸化マグネシウムという薬を処方してくれました。

こちらの薬。

私が今、貧血で処方されているフェロミアという鉄剤と相性が良くないので、一緒に飲むと、鉄剤の効果が薄れてしまうという事で、鉄剤を飲んだ後、30分経過してから、酸化マグネシウムを飲むように言われました。

早速、その日から一日三回、酸化マグネシウムを内服することにしました。

すると、自然な形で、お通じが久しぶりにでました!

お腹が痛くなったりせず、すーっと綺麗な便が出るようになって、酸化マグネシウムに変えてもらって、良かったです(^^♪

私は一人目の出産の時に便秘を軽くみて、お薬はなるべく貰わない方がいいと勝手に思っていたせいで、

痔が悪化して、出産の時にさらに悪化して、イボ痔が破裂しそうなくらい大変な事になったので、妊娠中の便秘は、絶対に予防した方が良いです❣

自分に合った便秘薬を処方してもらえると、より快適なマタニティライフを送れますね。