小学1年生の文字の成長を見守る楽しみ

妊娠・出産・育児

小学一年生の娘、

つい最近まで、れとでの違いが理解できていなかったようで、

こんな文章をよく書いていました(^_^;)

はないちもんめをしました。すごくたのしかたれす。
(訳)はないちもんめをしました。すごくたのしかったです。

おしゃべりするときは、とちゃんと発音できるのに、なぜか文章にすると、になってしまう不思議な事が、娘の中で起こっていました。

は、違うんだよーっと伝えても、、なかなか理解できず💦

は、れもんのれだよ

は、でんわのでだよ。

なんて、教えてみたり、、

は、に点々がついた字だから、は全然違う字なんだよー

と、教えてみたり。

でも、なかなか理解できず😢

このまま、文章を、書くときは、に なっちゃうのかなぁと半分諦めていました。

絵日記の宿題がでて、~です。という文章を書こうとしていた時、娘が私に言いました。

「ですのは、難しいほうので??」と…

なに?!難しいほうのって、、、💦

に難しい、が、あるように、

娘の頭には、には、難しい方のがあると思っていたのか、、、笑

でには、難しい方のでとかないんよ~!と言うと、

えっ!!そうなの?

だけ??な~んだ😊

それからは、ちゃんと、文章にでてくるを書けるようになりました。

サンタさんにお手紙を書くと言って書いたお手紙

字もちょっとずつ綺麗に書けるようになって、確実に成長しているんだなと感じるこの頃です。

子供の頭は、いろんな事を創造して、お喋りしていると面白い事もたくさんあります。

夫と山下智久=山P(やまぴー)の話をしていたら、娘が「なになに??やまぴーってピーナッツ?」と聞いてきました。柿ピーの事は知っていたので、きっとおいしい食べ物の話をしているんだと思ったのでしょう(*^_^*)

きっとあっという間に、大きくなって、こんな事言ってたな、こんな事やってたなって、懐かしく思う日がくるのでしょう😊