枕カバーの嫌な臭いを簡単消臭!

家事楽/手抜き術

枕カバーはすぐに臭くなっちゃいますよね。

できれば、毎日洗ってあげたいけど、ついつい、1週間、2週間と放置してしまって、

なんだか、星野源さんの”くだらないの中に”という歌に

♬首筋の匂いがパンのよう♪という歌詞がありますが、

それを思い出します^^;

しかし、我が家の場合は、歌詞のようなロマンティックな感じではなく、顔を歪めてくっさ!となります。パンのような可愛い香りではない、

パンを超発酵させてしまって、臭いが倍増した感じでしょうか・・・

洗濯機にそのまま入れて回すだけでは、臭いは取れません。

いつも通り洗って、乾いた枕カバーを臭うと、まだ奥の方で、ほのかに香ってくるのです。



そこで、枕カバーは、過炭酸ナトリウムという粉末の洗剤を溶かしたものに、半日ほど漬けておくと、すっきり臭いがとれて、さわやかな枕カバーに大変身です!

半日漬けた枕カバーを取り出して、絞った汁は、濁ったグレーっぽい色をしているので、汚れが取れたんだなと実感します。

漬けて置くだけなので、簡単に枕の臭いをとることが出来ますよ❤

この、消臭方法は臭くなったタオルでも同じ効果を発揮できると思うので、何度洗っても、何だか臭いタオルをお持ちの方は是非試してみてください(*^▽^*)



よみがえるかもしれません(^^)