【セキスイハイム】吹き抜けをリフォームで、小屋根裏収納に変える場合の費用は?

セキスイハイム

我が家の吹き抜けは、ダイニングキッチンの部分にあります。

吹き抜けは開放感があって部屋が広く感じるし、日差しが入って明るい点はいいのですが、冬は暖房が効きにくく、夏は冷房が効きにくい。唯一のデメリットです。

住んでみると、開放感は要らないから、吹き抜け部分を収納スペースに変えて、冷暖房の効きやすいダイニングキッチンにすれば、部屋も片付くし一石二鳥かなと、見積もりを取ってみることにしました。

見積もりとるのはタダですからね。

ここの×の所が吹き抜けで、この部分を全体的に、小屋根裏収納に変える場合を想定して見積もりを取ろうと思いました。

すると、既に隠れたところに屋根裏があった事が判明して、それがココのスぺースでした↓↓

大体、2m×3mのスペースでした。

まず、このスペースに人が入れるように整備しようとすると・・・

なにも整備されていないので、内装工事が必要で、断熱材や、壁、床、電気、エアコンを取り付ける事を考えた場合の壁の補強(エアコン設置などは含まれない)や、コンセント、折り畳み階段、開口部の工事、諸経費などで、この部分だけで、約82万円(税抜)でした!結構高い!!

次に、実際に吹き抜けている部分を小屋根裏収納にした場合は、床設置加工の費用が高くつく為、約150万(税抜)

エアコンを新たに設置したは場合、エアコン本体も含めて約30万円(税抜)

全部すると、約262万(税抜)消費税も入れてたら、300万近くいってしまいます💦

そんなに、収納にお金はかけられないと、思いとどまりました。

後からの設置の方がやっぱり高くつくので、最初から考えておけば良かったなと、またまた後悔をするのです。

でも、今の家に全然満足していないわけではありません。

あーだこーだと言いながら、もしこうだったら・・・と想像するのも楽しいものです。

我が家は、後悔の多い家ですが、気に入って住んでいます(^^)